By: Andrew Taylor

心理研究,自立 / 自律

「老人ホームのコントロール実験」自分で決められないことが不幸招く

Sponsored Link

人は未来を予測することが大好きです。

天気予報を毎日確認してその日の服装を決めてたり、初詣で毎年のようにおみくじを引いては今年の運勢に一喜一憂します。

なぜ、人は未来を知りたがるのか?それは、コントロール(管理)したいからです。

金、他人、未来、天気。人生をコントロール(管理)することは快感であり、逆に、コントロール不能になると、人は絶望を感じてしまいます。

老人ホームの驚くべき実験結果

By: Tim Patterson By: Tim Patterson

ある老人ホームの入居者をAとBグループに分け、観葉植物を配りました。

A「自分で植物の世話をするグループ(管理できる)」
B「職員が植物の世話をするグループ(管理できない)」

この半年後に入居者の生存率を調べたところ、Aグループは15%の人が亡くなったのに対し、Bグループは二倍の30%の人が亡くなっていました。

つまり、自分で何かをコントロールできることは、活力(バイタリティ)に繋がるのです。

コントロールを失うと・・・

さらに、実験の手伝いとして、学生を定期的にこの老人ホームに訪問させていたのですが、Aグループだけ「学生の訪問日を自分で決められる」ようにしたところ、Aグループの入居者の幸福度や健康状態が、Bグループより高まったという結果もでました。

しかし、さらにこの事実を決定づける出来事が起こります。
実験が終わった数ヶ月後、なんとAグループの入居者の死亡率が極端に高くなるという事態が起こったのです。植物の管理も学生の訪問日の決定権もなくなったことが、生きることに大きな影響を与えたという結果がでました。

まとめ

人にはコントロールしたい欲求があり、コントロールできると一時的に幸福度は高まります。しかし、突如コントロール不能に陥ると、とても深刻なダメージを受ける時があります。

あなたは、自分の人生、感情、住む場所、起きる時間、すべて自分の思い通りにコントロールできることを潜在的に望んでいますが、同時に、コントロールできないことがあることも知るべきです。

ここから学ぶべきことは、コントロールできないもの(例えば人の感情とか、天気とか)を受け入れ、それに対して固執しないようにすることで、「今ココ」に集中できるようになるということだと思います。

Sponsored Link

J(所長)のプロフィール
ラグジェスタ心理研究所所長J(ジェイ)。心理学や哲学を中心に、日本人が抱える心の問題や生きやすさを研究している。猫人間。嫌いな言葉は「宗教」「スピリチュアル」「ヒーリング」

, , ,