By: Trish Hamme

コラム,感情コントロール

友人関係や仕事で上手くいかないモヤモヤの理由は、「感情の利益」に縛られている

Sponsored Link

あけましておめでとうございます。ラグジェスタのJです。

2015年も心理や哲学っぽい気づきをツラツラ書いていきますので、温かい目で見守っていただければと思います。

うまくいかない

どの友人と遊ぶか?この仕事をどうやって進めようか?日常生活で何かを決めようとするとき、軽くモヤモヤするときがある。

社会では他人と絶対に関わらなければならないので、自分だけの意向で物事を進めることはできないことは百も承知だが、なるべく自分の意見は通したい。

かといって、相手にも嫌な想いをさせたくないし、嫌われたくない。これは当たり前の感情だが、ここばかり気にしていると余計な感情を使い疲れてしまう。

感情の利益

相手や周りのことを気にして、モヤモヤしてしまって決断を渋って居る場合のほとんどは、自分本位のエゴが邪魔をしている。

「感情の利益」に縛られてしまっている。

エゴ、見栄、自分に有利に進めたい思惑、そういった自分本位の利益にしたいという感情が、正確な判断を鈍らせている。

エゴや見栄が入ってるときは、不安、心配、嫉妬、怒りを抱きやすい。本質を掴めていない。

モヤモヤの解消方法

解消方法、それは「どうすれば双方に関係した大きな目的が達成されるか?」を考えることだ。

自分にも相手にもメリットがあることを選択するようにすればいい。

目先の小さな細かいつまらない感情の競り合いより、大きな本質に向かって努力するれば、要らぬ感情も消えて悩みが減り気が楽になる。

すると、自分のエゴや見栄が問題の解決を邪魔していたことに気づく。エゴや見栄をやめたり減らしたりする。すると円滑に物事が進みだす。

相手を勝たせることは、回り回って自分の利益になる。

友達によい影響を与えれば、友達はあなたに同じようなことをしたいと思う人がいるかもしれない。

自分の利益を妥協して、共通の目標が達成される決断をすれば、モヤモヤは消えてすべてが前に動きだす。

ほな。

Sponsored Link

J(所長)のプロフィール
ラグジェスタ心理研究所所長J(ジェイ)。心理学や哲学を中心に、日本人が抱える心の問題や生きやすさを研究している。猫人間。嫌いな言葉は「宗教」「スピリチュアル」「ヒーリング」