By: wenliang chen

今辛い人へ

無気力になったら、何でもいいから新鮮なことをやってみる

Sponsored Link

伸び悩みを感じたら、何か新しいことをしてみるのがいいかもしれません。

お金はかからない

新しいことと聞くと、何かに投資してお金がかかるように思えますが、そんなことありません。

朝早く起きてみる。
夜ランニングしてみる。
普段みない動画やテレビを見てみる。
筋トレしてみる。
公園で日向ぼっこをしてみる。

私の場合、大きな本屋さんに足を運ぶと、いい感じに動きだします。普段みないような本を手にとってみたり、本棚の間を歩いたりするだけで、自分では気づけない興味があることに導かれることがあります。

新しいことや新鮮なことは、脳が一番喜ぶご馳走です。

いつも通りの同じことより、新しい新鮮なことに面白みを感じることは自然なことです。

極上のステーキがいくら美味しく思えても、毎日三食ステーキを食べ続けるのは苦痛ですよね?毎日が単調に感じる人は、毎日ステーキを食べているのと一緒です。それが自分のやりたいことだったとしても。

「楽」=危険

それなのに、私たちは新しいことを受け入れるよりも、昨日と同じ慣れたことをやってしまいがちです。なぜでしょうか?

それは楽だからです。頭が未知の恐怖を感じないからです。

人間、新しいことをしようとすると、頭が怖がってブレーキをかけるから、昨日と同じことをしてしまいがちです。

このプロセスさえ身につけることができたら、いつでも苦しみや行き詰まりから脱出できます。

引きこもって悶々と自分を責める人生よりも、毎日を生き生きと高いモチベーションで力強く楽しく気持ちよく生きる生活を送りたいですね。

Sponsored Link

J(所長)のプロフィール
ラグジェスタ心理研究所所長J(ジェイ)。心理学や哲学を中心に、日本人が抱える心の問題や生きやすさを研究している。猫人間。嫌いな言葉は「宗教」「スピリチュアル」「ヒーリング」